静岡県伊東会場/報告

0

    (静岡・伊東教室レポート)

    1. 概要
    【日時】2012年2月16日 10:00〜13:05
    【会場】いとう漁業協同組合本所 料理研修室・研修室
    〒414−0043 静岡県伊東市新井1−1−18
    【参加費】無料
    【参加者】31名(+子供8名)
    【講師陣】基礎講習講師 関本美貴氏(料理研究家/昭和女子大講師)
         調理実習講師 小川保人氏(伊東市保健福祉部子育て健康課/管理栄養士)

    【調理実習メニュー】
    ・ご飯
    ・カマスのチーズフライ
    ・お魚ハンバーグ(フィッシュボール)
    ・鯖そぼろ
    ・大根サラダ
    ・つみれ汁
    ・オレンジゼリー

    【タイムスケジュール】
    9:30 受付開始
    10:10 開会挨拶・事業説明・今日の流れの説明・講師紹介
    10:20 基礎講習(子供は魚市場見学)
    11:05 調理実習(4班に分かれ2班づつ)
    12:20 試食
    13:00 アンケートの回収・連絡事項
    13:05 終了

    【パブ】
    (事前)
    (事後)伊豆伊東新聞、東京新聞伊東通信部、螢掘璽屮ぅ─州達孱船妊献織襭隠横隠磽

    2. レポート
    前日は雨風が強く、開催当日の天候に不安がありましたが、早朝から雨も止み晴々とした天候に恵まれました。しかし、インフルエンザの影響もあり、4名の当日キャンセルが発生したことは、残念でありました。
    主催者である、JoyFより挨拶、今回の教室の趣旨や講師の先生の紹介をし、静岡県伊東会場の教室が始まりました。

    講師の関本美貴先生には、バランスのとれた食事がどうして必要なのかということを、食事バランスガイドを使ってわかりやすく説明して頂きました。
    また、偏った食事によりメタボになってしまうと様々な疾患の原因になるので、毎日の食事のバランスに注意することが必要であり、魚の脂質は体の中に溜まりにくいので日々の献立に活用すると良いとのアドバイスも頂きました。

    当日申込の参加者もおり、会場はいっぱいで活気がありました。




    親御さんたちが基礎講習を受けている間、伊東漁協さんのご協力のもと、子供たちは魚市場や冷凍室の見学、お魚勉強会を行いました。

    基礎講習が終わり、親子で調理実習に入りました。
    まず、講師の小川氏より調理実習の流れ、献立の趣旨や調理のポイント、地産地消の必要性などの説明をして頂き、今回は実習室があまり広くありませんでしたので、参加者は4班に分かれ、つみれ汁とカマスのチーズフライの2品を2班ずつで実習を行いました。

    つみれ汁の調理ポイントはすり身を取る際、スプーンを水で濡らすとすり身がくっつき難くなるそうです。


    子供たちの真剣な眼差しがとても印象的でした。


    フライはチーズと青海苔のソースを衣付けする前に塗ると、より一層おいしくなりました。このような一手間が、家庭の味になるのであろうと感じました。


    大根サラダとカマスのチーズフライ、フィッシュボール


    鯖のそぼろとオレンジゼリー


    鯖のそぼろはご飯にかけて頂きます。
    調理実習室の環境や時間を考慮して、大根サラダ、鯖のそぼろ、オレンジゼリーは事前に作っておいたものを盛り付けるのみにさせて頂きました。
    材料は伊東の食材を使用したので、地産地消献立の完成です。

    全員で「頂きます」と挨拶をし試食しました。



    お魚のメニューはどれも嫌な臭みなどは無く、鯖のそぼろは昔ながらの甘めの味付けで40代の私は懐かしく感じました。また、つみれ汁で使用した鯖のすり身は伊東漁協さんで水揚げされた朝獲れ鯖を無添加ですり身加工してあるので、舌触りが良く市販のすり身とは比較できないほど味に違いがあったのが、印象的でした。参加者の評判も良く、子供たちもおかわりをたくさんしてくれました。
    美味しいご飯を頂くと、自然と会話も多くなり、会場内は笑顔でいっぱいになりました。
    参加者からは以下のような感想を頂きました。

    ・改めて食の大切さを感じました。これから成長する子供たちのために食生活を見直す機会になりました。
    ・メタボという名が様々な疾患の原因だったことを知り驚きました。
    ・もう少し時間をかけて説明してほしかった。
    ・魚の脂質は固まらないことがわかりました。もっと積極的に取り入れるべき食材なのだと改めて思いました。
    ・魚の見分け方や扱い方が良くわかったので、帰りにスーパーで魚を買って帰ろうと思いました。
    ・魚の豊富な地域にも関わらず、今まではあまり食べる機会がなかったが簡単な調理法、子供も食べやすい味付けがわかったので、どんどん食べてゆきたい。


    3. レシピ

    【調理実習メニュー】

    かますのチーズフライ

    お魚ハンバーグ(フィッシュボール)

    そぼろ

    つみれ汁

    大根サラダ

     

    【かますのチーズフライ】

    ●材料(4人分)

    かますひらき・・・・・4

    塩・・・・・1.6g

    コショウ・・・・・少々

    粉チーズ・・・・・28g

    小麦粉・・・・・5g

    卵・・・・・32g

    青海苔・・・・・2.4g

    パン粉・・・・・28g

    揚げ油・・・・・適量

     

    ●作り方

    (1)塩、コショウ、小麦粉、粉チーズ、卵、青海苔を混ぜておく。

    (2)かますに(1)をつけて、パン粉をつけて170℃くらいの油で揚げる。(焦げやすいので注意する)

     

    【お魚ハンバーグ(フィッシュボール)

    ●材料(4人分)

    玉ねぎ・・・・・15g

    キャベツ・・・・・10g

    (材料A

    鯖すり身・・・・・40g

    ・・・・・0.3g

    コショウ・・・・・0.03g

    ・・・・・4g

    片栗粉・・・・・小さじ1(2g)

    パン粉・・・・・大さじ1/2(1.5g)

    (材料B)

    ケチャップ・・・・・小さじ1(5g)

    中濃ソース・・・・・小さじ1/2(3g)

    マヨネーズ・・・・・小さじ1/8(0.5g)

    ・・・・・10cc

     

    ●作り方

    (1)たまねぎはみじん切り、キャベツは荒みじん切りにして、炒めて冷ましておく。

    (2)Aの材料をまぜる。

    (3)炒めた野菜と(2)をよく混ぜて団子状にして、フライパンで焼く(小判型にすればハンバーグ^^になります。)

    (4)ソースの調味料Bを合わせておき、加えて煮る。

    (5)ソースにとろみが出るくらいまで煮詰めて仕上げる。

     

    【そぼろ】

    ●材料(4人分)

    さば切り身・・・・・800g

    酒・・・・・800cc

    砂糖・・・・・大さじ10

    醤油・・・・・大さじ2

     

    ●作り方

    (1)鍋でお湯を沸かし、鯖の切り身をいれてゆで、骨を取り除いて軽く絞る。

    (2)鍋に酒と(1)を入れて煮て、分量の半分の砂糖を入れてさらに煮る。

    (3)水分がなくなってきたら、醤油、残りの砂糖を入れて全体がふわっとするまで良くほぐし煮ておく。

    (4)粗熱がとれるまで混ぜて仕上げる。

     

    【つみれ汁】

    ●材料

    ・・・・・180cc

    しょうゆ・・・・・小さじ1/2(3g)

    ・・・・・0.7g

    ・・・・・小さじ1/2(3g)

    ねぎ・・・・・5g

    (材料A

    鯖のすり身・・・・・30g

    みそ・・・・・3g

    しょうが・・・・・1g

    ・・・・・3g

    片栗粉・・・・・小さじ1(2g)

    ・・・・・さじ1/4(1g)

     

    ●作り方

    (1)しょうがをすりおろしておく。

    (2)Aの材料をまぜる。

    (3)湯に(2)をスプーンですくいながら入れる。

    (4)調味料を入れて味をととのえる。

    (5)器に団子2個と汁を入れ、小口切りにしたねぎを盛り付けて仕上げる。

     

    【大根サラダ】

    ●材料(4人分)

    大根・・・・・120g

    コーン缶詰・・・・・40g

    トマト・・・・・60g

    レタス・・・・・80g

    乾燥わかめ・・・・・4g

    油・・・・・小さじ2

    だし汁・・・・・小さじ2(12g)

    酢・・・・・小さじ4(12g)

    しょうゆ・・・・・小さじ2(12g)

    砂糖・・・・・小さじ2(6g)

     

    ●作り方

    (1)だいこんは千切りにしてサッとゆでて冷ましておく。

    (2)トマトは角切りにして、コーン缶の水気を切り、ワカメは戻しておく。

    (3)レタスを食べやすい大きさにちぎる。

    (4)調味料を混ぜてドレッシングを作る。

    (5)皿にレタスを敷き、他の材料を混ぜてレタスの上に乗せてドレッシングをかけて仕上げる。




    (報告:壁谷)


    静岡県伊東会場/参加者募集

    0

      魚をたべて楽しい食卓を!(静岡会場)

       

      プログラム内容:

      全国11箇所にて、主に子育て世代の女性を対象とした、地方の特徴ある食材、地域の食文化への理解を含め、新しい料理の提案を行う地方講演会及び料理実習を実施いたします。お気軽にご参加ください(参加予約必須)

       

      開催地:静岡県伊東市

      開催会場:いとう漁業協同組合本所・料理研修室・研修室

      (静岡県伊東市新井1-1-180557-37-3181

      開催日:2012226日(日)

      開催時間:(受付 9:30〜)10:0013:00

      募集人数:40

      参加費:無料


      PDFポスター

       

      《基礎講習講師》関本美貴さん

      講師プロフィール:

      お茶の水女子大学家政学部食物学科卒業/企業勤務を経て

      現在、昭和女子大学/佐伯栄養専門学校非常勤講師

      東京ガス蝓/育/エコ・クッキングインストラクター

      昭和女子大学大学院客員研究員

      昭和女子大学オープンカレッジ料理教室講師

      品川区シニアのための男の手料理講師

       

      《料理実習プログラム》

      ・つみれ汁

      ・魚ハンバーグ

      ・魚団子

      (伊東で水揚げされたサバ すり身 他を使用します。)

       

      《調理実習講師》小川保人さん

      講師プロフィール:伊東市保健福祉部子育て健康課健康増進課/管理栄養士

       

      《参加申込・問合せ先》

      申し込み用紙ダウンロード
      http://www.joyf.co.jp/pdf/20120226.pdf


      いとう漁業協同組合(担当:菊地)
      TEL 0557-37-3181
      FAX 0557-35-0756

       

      《主催》

      株式会社エンジョイ・フィッシャーマン(担当:壁谷)

      http://www.joyf.co.jp/

      《協力》

      いとう漁業協同組合/東京ガス株式会社/株式会社RPI

      ※このプログラムは「農林水産省・23年度食育実践活動推進事業」補助事業にて実施しています。


      1

      site map

      selected entries

      archives

      links

      profile

      書いた記事数:45 最後に更新した日:2012/03/31

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM